工事保険について - 工事保険ブログ

工事保険コストダウン
  • 会社概要
  • お問合せ・ご相談フォーム
2016年01月30日 [工事保険について]
工事保険の種類は、工事中および工事完成後の第三者に対する賠償事故が発生し、法律上の賠償責任を契約者が負ったときに、保険金が支払われる「請負業者賠償責任保険」がもっとも普及している保険の種類である。
土木・建築・電気工事・リフォームなどの業者で加入していない業者は数少ないといえる。

その他の工事保険の種類は、役員や従業員が就業中または通勤途上で労災事故にあって、けがをした結果、通院、入院、休業、後遺障害や最悪死亡などの事態になった場合、給付金や保険金が支払われる法定外労働災害補償保険がある。
これは業務災害補償保険ともいわれる。

従業員が労災事故で死亡した場合などで、使用者責任を問われる場合もある。
最悪訴訟になって、遺族への賠償金や訴訟費用など多額な支払いが発生する場合もある。
高額な賠償金は経営を揺るがすようなリスクもある。
こうした事態に備える保険が使用者賠償責任保険である。
使用者賠償責任保険は単独で加入するものもあるが、業務災害補償保険とセットで加入するものもある。

工事保険の種類の三つ目は、施工中の建築物の自然災害や火災盗難などに備える保険である。これは、建設工事保険と呼ばれる。業種によっては、土木工事保険、組立保険などと呼ばれることもある。
住宅やビル店舗などを建築する建設業者にとっては、必要な保険である。

その他、公共工事に落札した業者が、保証金として現金を用意する代わりとなるのが、履行補償保険である。通称は契約保険と呼ばれることもある。

また、建設現場で使用される重機建設機械の破損、盗難などに備えるのが盗難保険または動産総合保険である。

工事現場の資材や材料、仮設材などが盗難の被害にある場合も、多いが、建設工事保険で盗難の補償があるケースがあるので、被害にあったらまず内容を良く理解した保険代理店などの保険の専門家に問合せ、相談するのが重要である。


2016年01月20日 [工事保険について]
建設工事保険とは、建物の建築工事中に工事現場で発生した工事対象物(工事の目的物など)の損害を補償する保険です。
保険の特長は、建物の建築工事中に、工事現場において、不測かつ突発的な事故によって工事対象物(工事の目的物など)について生じた損害を補償する保険です。

損害発生直前の状態に戻すための復旧費を損害保険金としてお支払いします。また、残存物取片づけ費用保険金、臨時費用保険金もお支払いの対象となります。

【事故例】
•溶接の火花が原因で、建築中の建物が火災になり、全焼した。
•鉄骨を組立中に、強風により鉄骨が折れ、崩壊した。

主な補償内容は、工事現場における不測かつ突発的な事故による損害に対して保険金をお支払いします。主に、以下のような事故がお支払いの対象となります。


建設工事保険では、ビルや住宅などの建物の建設工事現場で火災による事故等不測かつ突発的な事故によって生じた、物的損害を補償します。

個別契約

総括契約

たとえばこんな時保険金をお支払いします。―建設工事保険でお支払いする事故の例―


工事現場において、不測かつ突発的な事故によって保険の対象に生じた損害に対して、損害保険金などをお支払いします。

溶接作業中、火花が引火し建築中の建物の一部が焼損した。

損害額 約250万円


設置した制御盤を仮配線したが、配線を誤り過電流が流れ内部を損傷した。

損害額 約490万円
.
※これらの損害額は一例です。工事の規模や内容によって損害額は変わります。




2016年01月13日 [工事保険について]
工事保険とは俗称で、正式には土木建設業、電気工事、塗装、リフォームなどの事業を営む法人・個人が損害保険会社と契約する保険で、正式な名称は、大きく分けて次の3つの種類の保険をいいます。

@工事中および工事後に工事の不注意や施工不良などによって、第三者の身体財物に損害を与え、法律上の賠償責任を負うときに保険金を受け取れるもの。引渡したあとで施行不良が原因で(瑕疵があって)その結果第三者に損害を与えてしまった場合に、保険金が受け取れるものも含みます。
A工事対象物の着工から引き渡しまでの間に、自然災害、火災、盗難などで工事対象物が損害を受けた時に、修理や交換費用が保険金で受け取れるもの。
建築業、例えば住宅建築業者が引渡しまでに火災で工事物件が焼失した場合、保険金が受け取れないと、債務不履行のリスクを抱えます。業者は倒産しかねません。
B工事中に作業に従事する役員、従業員、下請け業者などが労災事故でケガをし通院、入院、後遺障害などを負ったときに給付金が受け取れるもの

正式名称は
@請負工事第三者賠償保険、生産物賠償保険、施設賠償保険が当たります。
A建築工事保険、建設工事保険、土木工事保険、組立保険が当たります。
B業務災害補償保険、任意労災保険、上乗せ労災保険、法定外災害補償保険があたります。

俗称の工事保険に含まれるものとしては
契約保険と呼ばれる、「履行補償保険」があります。これは公共工事の落札業者が保証金として現金を預託する代わりに、債務不履行になった場合に預託金相当が保険金として受け取れる保険に加入するものです。

また、土木建設業には重機建設機械を現場で使用することが多いですが、盗難のリスクが非常に高いので、重機の盗難保険に加入を希望される業者が多いです。
重機の保険も含めて工事保険と呼ぶこともあります。

いずれにしても、建設業にとっては工事保険は不可欠の保険で、下請け工事をする場合には、かならず加入を義務付ける元請業者もあります。
また、公共工事の受注に大きな影響を持つ経営審査制度の評点の加点にもなる保険もありますから、建設業にとっては工事保険はほとんど強制保険のようになっています。

補償は1年365日全国どこの現場でも補償される契約(年間包括契約)がほとんどの契約形態ですが、保険料は年間の完成工事高によって増減します。受注工事高が増えることは企業にとっては、喜ばしいことですが、工事高が増えるほど保険料も高額となるため、工事保険の保険料を削減したいという潜在的ニーズは建設業者はとても高いといえます。


2015年12月06日 [工事保険について]
yahoo、Googleの検索順位が上がってきました。
「工事保険」は10位、「工事保険見積り」は3位、「工事保険見直し」は1位となっています。
それに伴い、11月19日からお問合せが増えてきました。11月は4件でしたが、12月は4日までに3件のお問い合わせをいただいています。「安い、補償が良い、事故の対応が早い」と評判の工事保険コストダウンです。ご紹介による問い合わせ、お申し込みも増えています。

2015年11月13日 [工事保険について]
施工実績の多い工務店様潟nウスプロデュース様http://taiyoukou-secchi.com/と相互リンクを貼りました。

2015年10月29日 [工事保険について]
本格的にネットで全国対応をはじめてから、約1年が経過しました。
全国から22件のお問い合わせをいただき、9件のお申し込みを頂いております。
感謝申し上げると共に、さらにこの貴重な情報を広報したいと思う次第です。

2015年10月28日 [工事保険について]
私のブログで紹介しているように、札幌の太陽光施工業者のポータルサイト
キタソラにも無料でバナー広告を貼ってもらいました。http://kitasora.com/
キタソラの担当者からのメールです。
有限会社フィット総合保険
佐藤 様
お世話になっております。
リベースの井上です。
貴社のブログやFacebookでの広報、また太陽光のお問い合わせがあり嬉しく思います。


現在、アクセスには着々と増加傾向になっております、
それ以外にも貴社の売電保険と工事保険は、
太陽光発電を知っている方や太陽光発電に興味を持っている方、企業にとっても、
とても有益な情報効果があると感じています。
今後とも何卒新しいサービスなどありましたら、
ご一緒にご協力しより良いものを提供できればと思っています。
誠にこの度、佐藤様にご協力頂き感謝しております。
何卒宜しくお願いいたします。
kitasora

2015年10月19日 [工事保険について]
北海道の太陽光発電一括見積もりポータルサイト「キタソラ」http://kitasora.com/に、工事保険コストダウンと太陽光の売電収入保険の2サイトが、バナー広告されています。
運営会社様から貴重の情報なので、お客様や工務店様への情報提供に役立つからと、広告していただいております。
当社のリンクにも「キタソラ」に相互リンクしました。

このページの先頭に戻る